actCapture - チュートリアル(基本編) - 壁紙とタスクバーをキャプチャする

-- Index --

・Top

▼Softwares

▼actCapture

・ソフトウェアの紹介
・修正履歴
・Q&A

  [画面の説明]

・常駐アプリケーションバー
・お気に入りの選択・編集
・キャプチャ対象範囲の設定
・オプション
・ウィンドウ座標強制変更

  [フォルダの構成]

・フォルダの構成
・トレースログの内容

  [チュートリアル(基本編)]

・ウィンドウタイトルでキャプチャする
→壁紙とタスクバーをキャプチャする
・その他の設定例

  [チュートリアル(応用編)]

・メニューも含めてキャプチャする
・保存後にメーラーを起動して添付する
・Webページ全体をキャプチャする
・Webページ全体をキャプチャする(その2)
・IEオプション詳細設定をキャプチャする
・Excelシート全体をキャプチャする

・kenfoot

・親父の独り言集

今度は壁紙をキャプチャしてみましょう。

ここでは基本的な流れは省略します。注目すべき点はフィルタ設定のみです。 壁紙とタスクバーはクラス名は決まっているようなのでフィルタ設定を以下のように設定します。

{----}:"ClassName in ( 'Shell_TrayWnd', 'Progman' )"

※Windows8,10では、'Shell_SecondaryTrayWnd'もIN句に含めてください。




後はキャプチャするだけです。下のようにキャプチャできればOKです。お疲れ様でした。


Copyright(c) 2014-2017 pakkin. All Rights Reserved.