actCapture - チュートリアル(応用編) - 保存後にメーラーを起動して添付する

-- Index --

・Top

▼Softwares

▼actCapture

・ソフトウェアの紹介
・修正履歴
・Q&A

  [画面の説明]

・常駐アプリケーションバー
・お気に入りの選択・編集
・キャプチャ対象範囲の設定
・オプション
・ウィンドウ座標強制変更

  [フォルダの構成]

・フォルダの構成
・トレースログの内容

  [チュートリアル(基本編)]

・ウィンドウタイトルでキャプチャする
・壁紙とタスクバーをキャプチャする
・その他の設定例

  [チュートリアル(応用編)]

・メニューも含めてキャプチャする
→保存後にメーラーを起動して添付する
・Webページ全体をキャプチャする
・Webページ全体をキャプチャする(その2)
・IEオプション詳細設定をキャプチャする
・Excelシート全体をキャプチャする

・kenfoot

・親父の独り言集

今度は キャプチャ後にメーラーを起動してキャプチャ画像を添付してみます。
(例:Thunderbird)

@まず、スタートメニューからプログラムの検索をおこないます。

A[regedit]と入力し、レジストリエディタを起動します。

Bキー[HKEY_LOCAL_MACHINE\software\clients\mail\(起動したいメーラー名)\protocols\mailto\shell\open\command]の値を検索します。

Cレジストリの値を「保存後実行コマンド」に貼り付けます。このとき、thunderbirdの場合は更に"%1"→"attachment='%1'"に置き換えます。
(Becky!の場合は置き換え不要でした。メーラーによって若干異なるようです。)

Dキャプチャ後にメーラーが起動し、キャプチャした画像が添付されたら完了です。お疲れ様でした。


Copyright(c) 2014-2017 pakkin. All Rights Reserved.