actCapture - チュートリアル(応用編) - Webページ全体をキャプチャする

-- Index --

・Top

▼Softwares

▼actCapture

・ソフトウェアの紹介
・修正履歴
・Q&A

  [画面の説明]

・常駐アプリケーションバー
・お気に入りの選択・編集
・キャプチャ対象範囲の設定
・オプション
・ウィンドウ座標強制変更

  [フォルダの構成]

・フォルダの構成
・トレースログの内容

  [チュートリアル(基本編)]

・ウィンドウタイトルでキャプチャする
・壁紙とタスクバーをキャプチャする
・その他の設定例

  [チュートリアル(応用編)]

・メニューも含めてキャプチャする
・保存後にメーラーを起動して添付する
→Webページ全体をキャプチャする
・Webページ全体をキャプチャする(その2)
・IEオプション詳細設定をキャプチャする
・Excelシート全体をキャプチャする

・kenfoot

・親父の独り言集

今度は Webページ全体をキャプチャしてみましょう。
(例:Firefox)

@まず、アプリケーションバーのヘッダーを右クリック、メニューを表示し「お気に入りの編集」を選択します。

A「追加」ボタンを押下します。

B初期化するので「はい」を選択します。

Cお気に入り名、ボタン名を適当に入力し、キャプチャ範囲の詳細ボタンを押下します。

Dフィルタ指定に"ClassName='MozillaWindowClass'"と指定し、検索をおこない、Firefox以外がグレーアウトすることを確認します。 その後、座標を相対座標指定にし、座標調整画面を起動します。

E青色の枠を、Webページの枠に収まるように調整します。調整が終わったら「座標調整画面を閉じる」をクリックし、座標調整画面を閉じます。 正しく相対座標が格納されていることを確認したら、「{EX1}オプション」タブに切り替えます

F「引き伸ばしオブジェクト指定{EX1}を有効」をチェックし、警告メッセージの内容を確認、問題なければ「OK」ボタンを押下します。

G{EX1}フィルタ指定に"ClassName='MozillaWindowClass'"と指定し、検索をおこない、Firefoxの文字色が{EX1}のタブ色と同じになることを確認し、「反映」ボタンを押下します。

H「保存」ボタンを押下します。

I「閉じる」ボタンを押下します。

J登録したキャプチャボタンを押下します。

KWebページ全体がキャプチャされたら成功です。

L途中で引き伸ばしが終わってしまったり、最大サイズまで引き伸びてしまう場合は、トレースログの"Rate値"を参照しながら、ボーダーライン(%)値を調整してみてください。
また、Webページにフッターが最下部に常に張り付いている場合は、終端判定の阻害要因となりますので、ScrollbarSizeに含めて判定から除外させて下さい。

サイズが大きくなるとブラックアウトしてしまったり、ディスプレイの境目でキャプチャ結果にズレが目立つ場合は、Webページ全体をキャプチャする(その2)をご参照下さい。


Copyright(c) 2014-2017 pakkin. All Rights Reserved.