kenfoot - フォルダの構成

-- Index --

・Top

▼Softwares

・actCapture

▼kenfoot

・ソフトウェアの紹介
・修正履歴
・メニューの説明
→フォルダの構成
・アプリケーション動作確認結果

  [チュートリアル(基本編)]

・エクスプローラの「送る」に追加する
・2フォルダ同時表示のショートカットを作成する

・親父の独り言集

フォルダの構成

スクリーンショット

【説明】

Default.Setting.Xml

設定ファイルのオリジナルです。設定ファイル(Setting.Xml)が存在しない場合、このファイルをコピーしてSetting.Xmlを作成します。

Setting.Xml

設定情報が格納されたファイルです。テキストエディタで変更できます。アプリケーション終了時に画面座標を保存します。 Program Filesフォルダから起動した場合、別フォルダ(C:\Users\[ユーザー名]\AppData\Roaming\kenfoot)に生成されます。

kenfoot.exe

アプリケーション本体です。

ReadMe.txt

はじめにお読み下さい。

設定ファイル(Setting.Xml)の内容

スクリーンショット

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<Setting xmlns:xsd="http://www.w3.org/2001/XMLSchema" xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance">
  <SettingVersion>1</SettingVersion>
  <ActiveRequiredApps>
    <SendKeyStroke>chrome.exe|explorer.exe|excel.exe|sakura.exe|winword.exe|powerpnt.exe</SendKeyStroke>
  </ActiveRequiredApps>
  <Positions>
    <Position>
      <CmdLineRegex>^.*$</CmdLineRegex>
      <Comment>すべて</Comment>
      <Priority>999</Priority>
      <WindowState>1</WindowState>
      <Left>128</Left>
      <Top>170</Top>
      <Width>1550</Width>
      <Height>844</Height>
      <SplitterType>1</SplitterType>
      <Panel1Size>315</Panel1Size>
      <CloseSave>1</CloseSave>
    </Position>
  </Positions>
</Setting>

【説明】

SettingVersion

設定ファイルのバージョン番号です。アプリケーションのバージョン管理とは別物です。

ActiveRequiredApps/SendKeyStroke

ここで登録しているアプリに対してキーストロークを行った場合、一瞬ですがアプリケーションをアクティブ化してからキーを送信します。 キーイベントを受け付ける際、アクティブ判定を組み込んでいるアプリケーションに対しては有効です。追加して登録する場合は、"|"区切りで exeファイル名を追記して下さい。 事前に登録済のexeについては、作者が試してみた結果を組み込んでいます。参考:アプリケーション動作確認結果

Positions

画面の最終座標を管理します。起動コマンドライン別に複数パターンを管理可能です。複数パターンの登録例については、 チュートリアル(基本編)の2フォルダ同時表示のショートカットを作成するを参照下さい。

CmdLineRegex

コマンドラインの検索条件を正規表現で登録します。 [Position]を複数パターンで登録していた場合、[Priority]順にこの値を正規表現マッチ判定し、最初に該当した[Position]要素に対して 画面座標を保存します。次回の起動時も同じ条件で判定をおこない、起動座標を取得します。

Comment

コメント欄です。自由に登録できます。

Priority

優先順位です。小さい順にコマンドラインを正規表現検索し、最初に該当した要素を画面保存・復元対象とします。

WindowState

画面終了時の画面表示状態です。起動時に復元します。1が通常、2が最大化状態です。最小化状態は保存しません。

Left

画面終了時の左側座標です。起動時に復元します。

Top

画面終了時の上側座標です。起動時に復元します。

Width

画面終了時の横幅です。起動時に復元します。

Height

画面終了時の縦幅です。起動時に復元します。

SplitterType

分割状態です。起動時に復元します。1が横分割、2が縦分割です。

Panel1Size

左(または上)のペイン幅です。右(または下)のペイン幅については、逆算するため存在しません。

CloseSave

1を指定すると、画面終了時に画面状態を更新します。1以外を指定しておくと、更新しません。 画面起動位置を不変にしたいケースについては、この値を1以外にして下さい。

Copyright(c) 2014-2017 pakkin. All Rights Reserved.